本文へスキップ

日本キリスト教団高円寺教会のホームページ

TEL. 03-33337-8698

〒166-0002 東京都杉並区高円寺北2-35-7

礼拝 歴史CONCEPT




   17日 個人礼拝

https://youtu.be/rA4PEfiXi2c 新聖歌337番

聖書
 ヨハネによる福音書211節~15節 各自でお読みください

説教 「主イエスを愛す」萩生田明牧師 https://youtu.be/gSI6e072hCg 


祈り 各自で自由にお祈りください

ヨハネによる福音書講解説教も最終回となりました。登場するのはイエスの一番弟子と言われたペトロです。彼は「たとえご一緒に死なねばならなくなっても、あなたのことを知らないなどとは決して申しません。」(マタイ福音書2635節)と豪語しながらも、いざイエスが捕らえられると、手のひらを返したように態度が一変しました。聖書にはこう書かれています。

「門番の女中はペトロに言った。『あなたも、あの人(イエス・キリスト)の弟子の一人ではありませんか。』 ペトロは『違う』と言った。」(ヨハネによる福音書1817節) そして「外に出て、激しく泣」(マタイ福音書2675節)いたとあります。

何とも情けない限りですが、人にはこうした挫折の経験が必要かもしれません。と言いますのは、人はこうした挫折の経験を通して自分を知り、罪を悔い改め、神を仰ぐ者となるからです。イエス・キリストはこうした人の罪を贖うために十字架の死を遂げられました。  

 死から復活したイエス・キリストに出会ったペトロはどのように変えられたのでしょうか? 本日の聖書箇所、211節からをご覧ください

「その後、イエスはティベリアス湖畔で、また弟子たちに御自身を現わされた。」(211節)とあります。この湖の名はガリラヤ湖でしたが、ユダヤを植民地支配したローマ帝国はティベリアス皇帝の名にちなんで湖の名を変えさせました。これだけでもユダヤ人の苦難の歴史を垣間見ることができます。

「シモン・ペトロが『わたしは漁に行く』と言うと、彼らは『わたしたちも一緒に行こう』と言った」(3節前半) イエスが十字架の死を遂げられたので、弟子としての自分は終わったと思い、都エルサレムから故郷ガリラヤへ帰り、生業である漁業の生活に戻ったのでしょう。「しかしその夜は何もとれなかった。」(3節末)とあります。ベテランの漁師でさえ、現実は厳しいものです。

そこに驚くべき奇跡が起こりました。「既に夜が明けたころ、(十字架の死を遂げて葬られた)イエスが岸に立っておられた。」(4節)のです。彼らは自分の眼を疑ったに違いありません。しかし間違いなくイエスが来られたのです。

「イエスの愛しておられたあの弟子(ヨハネ)がペトロに『主だ』と言った。 シモン・ペトロは『主だ』と聞くと、裸同然だったので、上着をまとって湖に飛び込んだ。」(7節) なりふり構わず、直ちに、イエス・キリストのもとへ馳せ参じる、これこそ信仰者の姿ではないでしょうか。

 ペトロが真の弟子/あるべき人間となるために、もう1つ大切なことが残されていました。それは、「食事が終わると、イエスはシモン・ペトロに、『ヨハネの子シモン、この人たち以上にわたしを愛しているか。』と言われた。」(15節前半)という質問に対して「はい、愛します」と応答することです。

 イエスはペトロに3回同じ質問「わたしを愛しているか?」をされました。日本語ではどれも「愛」ですが、イエスが実際に使われた言葉は1つ目と2つ目は「アガパオ―/神の無条件の絶対愛」でしたが、3度目は「フィレオー/人間の条件付きで限られた愛」を使われました。これはイエスが人間の愛のレベルまで要求を下げたことを意味します。これがまさに神の憐みと赦しです。

「わたしの羊を飼いなさい」はペトロを弟子として認めたことを意味します。

「はっきり言っておく。あなたは、若いときは、自分で帯を締めて、行きたいところへ行っていた。しかし、年をとると(中略)行きたくないところへ連れていかれる。」(18節) 失っていく健康や地位や人を嘆く生活ではなく、神が残してくださったものを恵みとして感謝し、天国を待ち望む幸いな生活です。

「ペトロがどのような死に方で、神の栄光を現わすようになるかを示そうとして、イエスはこう言われたのである。」(19節前半)

 わたしたちもペトロに倣い、神を愛し、イエス・キリストの赦しをいただき、神の恵みのあふれる幸いな人生を歩ませていただきましょう。

愛と憐みに富んでおられる神さま、わたしたち人間を罪による滅びから救うために、御子イエス・キリストを世に遣わしくださり、主イエスの十字架の血潮によってわたしたちの罪を贖い清め、新たに生まれさせ、神の子としてくださったことを感謝します。わたしたちはペトロの如く主イエスを愛します、どうか聖霊に満たされ、あなたの弟子としてお用いください。

後奏 https://youtu.be/fpKST8bK2ks



【付録】 高円寺寺教会メンバーによる演奏
賛美歌「天には御栄え御神にあれや」 https://youtu.be/exVOtUkXDp4
P.A.Yon 作曲「冬の野に咲きそめける」 https://youtu.be/YSLFcpljukE

 

                     
  聖壇



  座席



  看板



 外観

 

 


 歴 史

1947年8月15日
日本キリスト教団杉並教会の支援により高円寺教会誕生 初代 草村美牧師 就任
1983年
現在の教会堂を建設
2013年4月1日
第2代 川村博牧師 就任 
2014年4月1日
第3代 萩生田明牧師 就任
  2017年8月15日        教会創立70周年 記念誌発行

  2020年4月19日        新型コロナウィルス感染防止のため礼拝様式を変更

問い合わせ 連絡先

〒166-0002
東京都杉並区区高円寺北2-35-7
日本キリスト教団 高円寺教会

TEL 03-3337-8698〈9:00~17:00〉
萩生田明牧師へのメール hagiudaakiramail@gmail.com