個人礼拝の手引き  下記の聖書箇所を読み、黙想し、メッセージを読み、自由に祈りましょう

9月5日 聖霊降臨節16主日 9月に入ると急に涼しくなりました。 今月もまた神の豊かな恵みと平安あるように祈ります。

前奏  https://youtu.be/nH0vW8eIyV8   

賛美  新聖歌20(1節・2節) https://youtu.be/7ZFp9o52ASA

聖書  出エジプト記20章1〜26節

賛美 新聖歌309番 https://youtu.be/Gul2IOKTUoc

説教概略 「十戒を授かる


 「神はこれらすべての言葉を告げられた。『わたしは主、あなたの神、あなたをエジプトの国、奴隷の国から導き出した神である。」(1節)

 これに続き十戒が付与されました。十戒は信仰の土台です。十戒を自分のことばで暗唱できるようにしておきましょう。以下は参考例です。

第一戒:まことの神は唯一であり他に神はない 第二戒:偶像礼拝禁止 第三戒:神、主の名を

みだりに唱えるな 第四戒:安息日を聖とし働かずに休め  第五戒:父と母を敬え  第六戒:

殺すな 第七戒:姦淫するな  第八戒:盗むな  第九戒:偽証するな  第十戒:貪るな

祈祷 各自で自由に祈りましょう

賛美 新聖歌63 https://youtu.be/E5uTHdUKmE4

後奏 「分かち合える」 https://youtu.be/-MC4Th6SKak 



9月12日 聖霊降臨節第17主日

前奏 In His hand https://youtu.be/yTonWGFnZus

賛美 新聖歌333 御手の中に https://youtu.be/Aad9PaP5oIk

 出エジプト記32章1〜35https://youtu.be/Aad9PaP5oIk節 偶像礼拝を避ける
  *黙想(ハレルヤと歌え)

「モーセが山からなかなか下りて来ないのを見て、民がアロンのもとに集まって来て、『さあ、我々に先立って進む神々を造ってください。(中略)彼はそれ(金製品)を受け取ると、のみで型を作り、若い雄牛の鋳造を造った。すると彼らは『イスラエルよ、これこそあなたをエジプトの国から導き上ったあなたの神々だ』と言った。」(1〜4節) 
 これは第何戒の違反でしょうか?
モーセとならぶ指導者であるアロンが、なぜこうも簡単に戒に違反したのでしょうか? 指導者の面目を守ろうとしたのかもしれませんが、罪の誘惑に負けてはなりません。


予告 9月19日 聖霊降臨節18主日 出エジプト記331-23節 輝く主の栄光   *黙想(エジプトのイスラエルに)https://youtu.be/6fXFaMBx5Mc

 「更に、主は言われた。『見よ、一つの場所がわたしの傍らにある。あなたはその岩のそばに立ちなさい。わが栄光が通り過ぎるとき、(以下略)』」(21節) これが主の臨在です。出エジプトの旅を進める民は不安で嘆きました。(1〜6) その嘆きを聞かれた主が民のそばに来て下さいました。神はイエス・キリストを世に遣わされました。わたしたちが不安で嘆くとき、嘆きは聞かれ、主の御臨在に与り、主の輝く栄光を拝させていただきます。ハレルヤ!

予告 9月26日 聖霊降臨節19主日 出エジプト記341-28節 戒めの再授与   *黙想(人よ汝が罪の)https://youtu.be/FFcI_4rjlhg

 「主はモーセに言われた。『前と同じ石の板を二枚切りなさい。わたしは、あなたが砕いた、前の板に書かれていた言葉を、その板に記そう。』」(1節) 神は何と憐み深いお方なのでしょう! 人の罪を赦し、再授与してくださいました。今、あなたがお持ちの聖書ができる までに、このようなことがあったことを心に留めておきましょう。内容は初回と同じですが、神の愛と憐みが加えられています。第一戒「あなたはほかの神を拝んではならない。主はその名を熱情といい、熱情の神である。」(14節)となりました。主はあなたを愛しておられます。 

予告 10月3日 聖霊降臨節第20主日 出エジプト記3429-35節 輝くモーセ   *黙想(心くじけて)https://youtu.be/CfMOHlWpteA

 「モーセがシナイ山を下ったときその手には二枚の掟の板があった。モーセは山から下ったとき、自分が神と語っている間に自分の顔の肌が光を放っているのを知らなかった。アロンとイスラエルの人々がすべてモーセを見ると、なんと、彼の顔の肌が光を放っていた。彼らは恐れて近づけなかったが(中略)モーセはそれを語り終わったとき自分の顔に覆いを掛けた。」(29-30節)   これは、神の栄光がモーセの顔を輝かせたのに違いありません。これに準じるわけではありませんが、イエス・キリストを信じて救われた者は輝きます。あなたの存在も輝いています。