個人礼拝の手引き  下記の聖書箇所を読み、黙想し、メッセージを読み、自由に祈りましょう

10月10日 聖霊降臨節第21主日 

前奏 
J.H.編曲 https://youtu.be/7-MkOc0Gb7s

賛美 
新聖歌507 https://youtu.be/9vFfw4zl7Og

聖書 出エジプト記401-38節 約束の地を眺めて

「雲が幕屋を離れて昇ると、イスラエルの人々は出発した。旅路にあるときはいつもそうした。雲が離れて昇らないときは、離れて昇る日まで、彼らは出発しなかった。(36節)「雲」は神の臨在を表します。「出発した」「出発しなかった」から、彼らが40年の旅で学んだ「信仰のあり方」がわかります。それは何でしょうか?

賛美 新聖歌46 https://youtu.be/i9wd8EIa2Cw


後奏 https://youtu.be/8NnJ5MM6ACQ




10月17日 聖霊降臨節第22主日 

前奏 https://youtu.be/yVwjhrWJeEU

賛美 
新聖歌40 https://youtu.be/H3CHbPbZUAM

聖書 マルコによる福音書1章1〜11節 福音のはじめ

「神の子イエス・キリストの福音の初め。」(1節) マルコによる福音書は4福音書中最古と言われます。

「イエスはガリラヤのナザレから来て、ヨルダン川でヨハネから洗礼を受けられた。」(9節) 

イエスは福音宣教を始めるにあたり洗礼を受けられました。それはクリスチャンになる人々に模範を示すためでもありました。長年にわたり求道しながら受洗をしない方は、祈り、信じて、洗礼を受けましょう。

賛美 新聖歌353 https://youtu.be/MFG4oc-NyAg

後奏 Shalom to you https://youtu.be/EawSVWQQ4TU



10月24日 降誕前第9主日 

前奏 
新聖歌291 Seek Ye First https://youtu.be/oTbQlMm3MnY

賛美

マルコによる福音書1章12〜15節 神の国は近づいた

「ヨハネが捕らえられた後、イエスはガリラヤへ行き、神の福音を宣べ伝えて、『時は満ち、神の国は近づいた。悔い改めて福音を信じなさい』と言われた。」(1415節)

 「時は満ち」を他人事ではなく自分事として受けとめてましょう。今、あなたが変わる時です。罪を「悔い改め」、心を神に向け、神が与え良き知らせ「福音」を心から信じましょう。あなたの人生は変えられます。


賛美 新聖歌471 https://youtu.be/_4Kwtc13J64

後奏 https://youtu.be/_8CyKk0562E



10月31日 降誕前第8主日 

前奏 
新聖歌197 https://youtu.be/Y1t5nwIZM0Y

マルコによる福音書1章16〜20節 私について来なさい

「彼らは漁師だった。イエスは、『わたしについて来なさい。人間をとる漁師にしよう。』と言われた。二人はすぐに網を捨てて従った。」(16節結尾〜18節) 「わたしについて来なさい」→「人間をとる漁師にしよう」の順番(→)に注目しましょう。逆(←)ではありません。なぜでしょうか? あなたの信仰が問われます。

賛美  新聖歌280 https://youtu.be/zIvtMo-3rO4

後奏  新聖歌19 喜びの太鼓をたたけ https://youtu.be/6uSdFKmfj0A



11月7日 降誕前第7主日 

前奏  
https://youtu.be/7W8GU16GexI

賛美  
新聖歌20 https://youtu.be/gHRbDdsYS_0

マルコによる福音書1章21〜35節 イエス・キリストの癒し

「イエスが(シモン・ペトロの姑の)そばに行き、手を取って起こされると、熱は去り、彼女は一同をもてなした。」(31節) イエス・キリストは昔も今もこれからも生きておられます。神はイエス・キリストを通して、癒しを求める者を受けとめてくださいます。あなたも癒され、手を取っていただき、立ち上がりましょう。

賛美  新聖歌358 https://youtu.be/JDgRdSi9qcs

賛美   新聖歌46 https://youtu.be/0R8DRUS9UNg

後奏  新聖歌20 https://youtu.be/BOhhze1Ifw8